[20110214 ドリュー・バリモア「50回目のファースト・キス」「スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと」] by nekonosekai BLOG
FC2ブログ
20110214 ドリュー・バリモア「50回目のファースト・キス」「スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと」
2011.2.14 Mon 「50回目のファースト・キス 50 First Dates」
監督 ピーター・シーガル
製作総指揮 ダニエル・ルピ、マイケル・ユーイング、ジェイ・ローチ
製作 ジャック・ジャラプト、スティーヴ・ゴリン、ナンシー・ジュヴォネン
脚本 ジョージ・ウィング
出演者
ドリュー・バリモア (Lucy Whitmore )
アダム・サンドラー (Henry Roth )
ロブ・シュナイダー (Ula )
ショーン・アスティン (Doug Whitmore )
ダン・エイクロイド (Dr. Keats )
 関連記事・[ 20120723 「パール・ハーバー」] by nekonosekai BLOG
ルシア・ストラス (Alexa )
エミー・ヒル (Sue )
ブレイク・クラーク (Marlin Whitmore )
音楽 テディ・カステルッチ
撮影 ジャック・N・グリーン
 関連記事
 ・[20130514 「ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場」「ルーキー」「マディソン郡の橋」「トゥルークライム」「スペース・カウボーイ」] by nekonosekai BLOG
 ・neko BLOG 20120416 「ブルドッグ」
編集 ジェフ・ガーソン
衣装(デザイン) エレン・ルッター
 関連記事・[20130729 「コップランド」] by nekonosekai BLOG
製作会社 ハッピー・マディソン、フラワー・フィルムズ
配給 アメリカ SPE/コロンビア映画、 日本 SPE
公開 アメリカ 2004年2月13日、日本 2005年6月18日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $75,000,000
興行収入 $196,482,882
翻訳:宮川桜子
演出:伊達康将
50回目のファースト・キス - Wikipedia
50回目のファーストキス - goo 映画


最初、チャラ男の話かと思い、見るの止めようかと思ったのですが、話が進むにつれすごく切なくて泣けました。
でも所々笑わせてくれます。
1日しか記憶が持たない話です。
水族館の動物たちがキュートです。
 [関係者用パンフレット] 50回目のファースト・キス (ドリュー・バリモア)
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2011.2.1 スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと 
Spanglish

監督 ジェームズ・L・ブルックス
製作総指揮 ジョーン・ブラッドショウ、クリスティ・ハウベッガー
製作 ジェームズ・L・ブルックス、リチャード・ササキ、ジュリー・アンセル
脚本 ジェームズ・L・ブルックス
音楽 ハンス・ジマー
 関連記事
 ・[20130207 「ザ・リング2」] by nekonosekai BLOG
 ・[20130206 「ザ・リング」] by nekonosekai BLOG
 ・[20120706 「ダークナイト」] by nekonosekai BLOG
 ・[20120702 「ブロークン・アロー」] by nekonosekai BLOG
 ・[20121217 「恋愛適齢期」] by nekonosekai BLOG
 ・[20120723 「パール・ハーバー」] by nekonosekai BLOG
 ・[20090228 「グリーンカード」] by nekonosekai BLOG
 ・[20120229 「テルマ&ルイーズ」] by nekonosekai BLOG
撮影監督 ジョン・シール
 関連記事
 ・[20060507 「ロレンツォのオイル 命の詩」] by nekonosekai BLOG
 ・[20130412 「ツーリスト」] by nekonosekai BLOG
編集
 リチャード・マークス
  関連記事
  ・[20130212 「ユー・ガット・メール」] by nekonosekai BLOG
  ・[20110301 「セント・エルモス・ファイアー」] by nekonosekai BLOG
 ティア・ノーラン
配給 コロンビア映画  SPE
公開 アメリカ:2004年12月17日 日本:2006年1月14日
上映時間 131分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $80,000,000
興行収入 $55,041,367
キャスト
ドリュー・バリモア、ティア・レオーニ、パズ・ヴェガ、サラ・スティール、クロリス・リーチマン
シェルビー・ブルース、イアン・ハイランド、アンジェラ・ゴーサルズ、トーマス・ヘイデン・チャーチ、セシリア・スアレス、ジョナサン・ヘルナンデス
スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと - Wikipedia
スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと - goo 映画

 スパングリッシュ
神経質で無神経な母親はうんざりです。
私は子供がいないのでよく分かりませんが、先日新聞でも読みましたが、子供のことを考えて離婚はしない人が多いのですね。
日本人である私のアイデンティティーってなんだろう?と思いました。
日本人に囲まれて育った私には思いつかない発想です。
主演はペネロペ・クルスかと思ったらよく似たパス・ベガでした。
 [関係者用パンフレット] スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと (アダム・サンドラー)
関連記事
テーマ:今日観た映画 ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック