[2020年05月24日] by nekonosekai BLOG
FC2ブログ
20200524 犬童一心『のぼうの城』『House of Himiko』
20200524 『のぼうの城』
BS・TBS4K 火曜デラックスで観ました。
2度目ですね。
感想は前回と同じです。
成宮君帰ってこないんですかね?

20170112 『のぼうの城』
BS・TBSの火曜デラックスで観ました。
戦国時代の話です。
水攻めは津波や水害を思い出してしまいました。
やっぱり人は愛嬌ですね。
ちょっと切ない物語でした。
エンドロールで現在の地域の様子が映し出されるのですが、当時の様子と重なってよかったです。
実際に行ってみたくなりますね。
芦田愛菜ちゃんが小さいです。
のぼうの城 | 映画-Movie Walker
原題 The Floating Castle
製作年 2011年
製作国 日本
配給 東宝=アスミック・エース エンタテインメント
上映時間 145分
スタッフ
監督 犬童一心 、 樋口真嗣
特撮監督 尾上克郎
脚本 和田竜
          

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

のぼうの城オリジナル脚本完全版
価格:1404円(税込、送料別) (2017/1/11時点)


エグゼクティブプロデューサー 濱名一哉 、 豊島雅郎
製作統括 信国一朗
プロデューサー 久保田修
撮影 清久素延 、 江原祥二
美術 磯田典宏 、 近藤成之
音楽 上野耕路

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

上野耕路/SIRIUS B 【CD】
価格:1573円(税込、送料別) (2017/1/11時点)


主題歌 エレファントカシマシ
    
録音 志満順一
照明 杉本崇
編集 上野聡一
VFXスーパーバイザー 辻野南 、 佐藤敦紀
VFXプロデューサー 大屋哲男
キャスト
成田長親 野村萬斎
甲斐姫 榮倉奈々

酒巻靭負 成宮寛貴
柴崎和泉守 山口智充
石田三成 上地雄輔
大谷吉継 山田孝之
長束正家 平岳大
成田氏長 西村雅彦
成田泰季 平泉成
和尚 夏八木勲
北条氏政 中原丈雄
珠 鈴木保奈美
たへえ 前田吟
かぞう 中尾明慶
ちよ 尾野真千子
ちどり 芦田愛菜
豊臣秀吉 市村正親
正木丹波守利英 佐藤浩市
(c)キネマ旬報社
             

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

のぼうの城 [完全初回限定生産] [Blu-ray] / 邦画
価格:7497円(税込、送料別) (2017/1/11時点)


●●●●●●●●●●●●●●●●●
20100302 Tue 「House of Himiko」
「メゾン・ド・ヒミコ」
製作年 : 2005年
製作国 : 日本
監督:犬童一心
製作総指揮:
 椎名保
  関連記事
  ・[20130701 「雨あがる」] by nekonosekai BLOG
  ・[20081013 「大停電の夜に」] by nekonosekai BLOG
  ・[20070521「博士の愛した数式」] by nekonosekai BLOG
 三木裕明
製作:
 久保田修
  関連記事
  ・neko BLOG 20130726 「るろうに剣心」
  ・[20130531 「パラダイス・キス」] by nekonosekai BLOG
  ・[20120620 「ボックス!」] by nekonosekai BLOG
小川真司
脚本:渡辺あや
音楽:細野晴臣
撮影:蔦井孝洋
編集:阿部亙英  関連記事・[ 20120815 「私は貝になりたい」] by nekonosekai BLOG
照明:疋田ヨシタケ
録音:志満順一
美術:磯田典宏
配給:アスミック・エース
公開:2005年8月27日
上映時間:131分
製作国:日本
言語:日本語
配給 : アスミック・エース
キャスト
岸本春彦:オダギリジョー
吉田沙織:柴咲コウ
卑弥呼(吉田照男):田中泯
細川専務:西島秀俊
ルビイ:歌澤寅右衛門
山崎:青山吉良
政木:柳澤愼一(柳沢真一)
高尾:井上博一
木嶋:森山潤久
キクエ:洋ちゃん
チャービー:村上大樹
半田:高橋昌也 関連記事・[20121123 「大日本帝国」] by nekonosekai BLOG
淳也:田辺季正
 
メゾン・ド・ヒミコ(2005) - goo 映画

オダジョーがセクシーでかっこいいです。
せつないけれども、心が穏やかになる好きな映画です。
ゲイの苦しみが何となく分かった気がします。
ゲイってゲイバーなどのイメージで明るい人が多いのかと思っていましたが、繊細なんですね。
ホモは差別用語だったのですね。
私だって父がゲイだったら受け入れられないと思います。
でも、それでは駄目なんですよね。
一人の人格として受け入れなければ・・・
私は女だから分からなかったのですが、男の人は女性の服が着れないのですね。
着たくても着れないという場面が泣けました。
愛する人が亡くなるのをじっと見守るのはさぞかしつらいでしょう。
私だったら毎日泣いているかも。
私もメゾン・ド・ヒミコのようなインテリアとか好きなんです。
昔から私は男に生まれてくるはずだったんじゃないかと思うことがあったんですが、女に生まれてきて、つらい思いをしなくてすんでるような気もします。
性別も人間の性質のひとつとして大きな分類ではなく血液型などのようにさりげないものになるといいですね。
あなた男?女?みたいな・・・

●●●●●●●●●●●●●●●●●


テーマ:考えさせられた映画 ジャンル:映画
05/23のツイートまとめ
__ne___ko__

RT @chelsea_cat0218: 引き続きネコハラに悩まされてます… https://t.co/n8U4oeFzvc
05-23 09:45

RT @earthquake_ashi: 【昨日の足跡】2020/05/22 JST https://t.co/zbWORgEW1Z
05-23 09:44