[2006年06月] by nekonosekai BLOG
20070601 「がばいばあちゃん」
2007.6.1「がばいばあちゃん佐賀から広島へ めざせ甲子園」 
ここに住んで初めて図書館で借りてきました。
『がばいばあちゃんスペシャル かあちゃんに会いたい』 を借りたかったのですが、貸し出し中だったのでこっちもまだ読んでなかったので借りました。
これは、以前のものと話がダブるところがあるんですが、主に島田洋七さんの高校時代以降の話です。
野球がうまかったそうで、もしあの時怪我をしていなかったら今の島田洋七さんはいなかったのでしょうね。
八百屋さんでも働いていたんですね!
運命とは不思議なものです。
しかしドラマの泉ピン子のばあちゃん役が今でも思い出されます。

がばいばあちゃん佐賀から広島へ めざせ甲子園
島田 洋七 (2006/03)
集英社

この商品の詳細を見る

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○● ○●○●○●

2006.6.20 「佐賀のがばいばあちゃん」 
著者:島田洋七 
これってノンフィクションですよね!?
彼の小学生から高校生までの話です。
なんかめっちゃ貧乏だったのを初めて知りました。
でもその暮らしががばいばあちゃんのおかげで明るい!
周りの人たちもとっても温かい。
ちょっと笑えたり涙したりと面白いです。
是非落ち込んでるときに読んでほしいです。
頑張って生きなきゃなって思います。
洋七さんってきっと周りの人がなんかしてあげたくなるような人柄なんだろうなと思う。
佐賀のがばいばあちゃん 佐賀のがばいばあちゃん
島田 洋七 (2004/01)
徳間書店
この商品の詳細を見る

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○● ○●○●○●



がばいばあちゃん・安値順一覧・楽天
テーマ:感想 ジャンル:小説・文学
20060615 「大塚国際美術館」
2006.6.15 大雨 「4時間たっぷり大塚国際美術館 日帰り
powered by MAPPLE 観光ガイド

JTB日帰りバスツアーです。
前からこの美術館には行きたかったのですが、車の運転に自信がないので電車とバスで行こうかなと思っていたところに「ダ・ヴィンチ・コード ツアー」なるものが出てきたので来週行くルーブル美術館の予習も兼ねて行ってきました。


あと、車で行くと橋を渡る料金が結構高いので躊躇していました。
このツアー、神戸発だったらよかったのですが、大阪発だったので神戸までの道が混んでいて片道3時間ほどかかりました。
一番最後に申し込んだので一番後ろの席で風が強くてバスが揺れて酔いかけました。
2006-06-15 11-11-01
ここは日本最大の常設展示スペースを誇る「陶板名画美術館」です。
「最後の審判」や
2006-06-15 15-42-27
礼拝堂などが復元されていたり
2006-06-15 15-40-23
「最後の晩餐」の修復前と修復後が同時に観られる凄いところです。
2006-06-15 12-22-32
美術館は5階建てで迷路のようでした。
2006-06-15 14-52-27

2006-06-15 15-16-08
世界各国の名画がオリジナル作品と同じ大きさで鑑賞できます。
2006-06-15 13-57-00

2006-06-15 13-58-28

2006-06-15 14-18-03
しかし実物を見てもいったいどうやって名画を陶板に写すのかがさっぱり分かりませんでした。
あとこのツアーでは学芸員の方が「ダ・ヴィンチ・コード」に出てきた絵を映画の解説をしながら見せてくれます。
さすがに平日だったので年配の方ばかりでしたが、皆さん映画を観ていないようでした。
ツアーの46人中、5人ほどしか映画を観ていませんでした。
実際回るだけで3時間が過ぎてしまい鑑賞できませんでした。
作品数は1000点ほどです。
ほとんどは時代順なので作家ごとなのですが、なぜかテーマがあったりして、同じ作家の作品が凄く離れたところにあったりするのは観にくく作者ごとに並んでいたらもっとよかったのにと思いました。
まぁ同じテーマでどれだけ違った絵があるのかを見比べるのも確かに楽しいですが・・・
あれは一種のテーマパークですね。なかなか楽しかったです。
でも絵に興味がない人には退屈なところかも・・・
時間が足りなかった人~」と聞かれて挙手したのが私と妹含めて5人ほどでしたから。
ついているお昼ごはんはホタテカレーセットでした。
あとかわいいケーキセットも付いていましたがガトーショコラはちょっとパサついていました。
2006-06-15 14-28-33
「モナリザ」と「最後の晩餐」のポストカード2枚のお土産付でした。
出来れば閉館までいたかったなぁ。また行きたいな。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
大塚国際美術館のツアーもあるよ。

大塚国際美術館・安値順一覧・楽天

徳島で泊まろう!








Art №36 「ロバート・キャパ写真展」
2006.5.31~6.12 大丸ミュージアムKOBE


ロバート・キャパといえばモノクロのイメージだったんですが、最近カラーのポジフィルムが発見されたそうです。
いや~60年以上も前の写真なのにさすがポジだね、色が、画像が美しい。
地雷を踏んで死んだ彼の最後の写真も見れました。
今日棚を整理してたら壊れた一眼レフカメラが出てきました。
もう今はデジカメだもんなぁ。
整理してない猫の写真やらもいろいろ・・・
そういえば冷蔵庫にネガフィルムが多数あったな・・・
壊れてないCONTAXパリに持ってこうかな。
ロバート・キャパ 決定版 ロバート・キャパ 決定版
ロバート・キャパ、リチャード・ウェラン 他 (2004/11)
ファイドン
この商品の詳細を見る
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□





←ロバート・キャパ・安値順一覧・楽天
20060621 「バルトの楽園」
監督:出目昌伸 出演:松平健、ブルーノ・ガンツ
阿部寛
 関連記事
 ・[20130202 「麒麟の翼~劇場版・新参者~」 ] by nekonosekai BLOG
 ・neko BLOG 20120911 「テルマエ・ロマエ」
 ・[20121020 「荒木飛呂彦原画展ジョジョ展、東京国際映画祭」] by nekonosekai BLOG
高島礼子、中山忍、市原悦子
これってノンフィクション
第一次世界大戦で青島を征服した日本。
それによって捕虜になったドイツ人。
珍しく平和な、収容所とは思えない徳島の板東俘虜収容所での出来事を物語っています。
徳島ではこの総工費3億円のロケ地のセットがそのまま残っていて観光地になっているらしい。

  
メイキング・オブ バルトの楽園 メイキング・オブ バルトの楽園
奥田明好、 他 (2006/05/21)
東映
この商品の詳細を見る

テーマ:映画 ジャンル:映画